E6甲本戦ゲージ(2017年夏イベ 西方再打通!欧州救援作戦)

これを書いている時点で、大分時間が経過しているんですね・・・。
原因は家族2人が入院になってしまってなかなかブログが書けなかったのです。



長丁場の輸送ゲージを片付けて一安心かと思いきや、そうではありませんでした。

本戦ゲージが残っていたためです。

マップはこんな感じ。
最初2戦は機動部隊の方が安定してるかもということで、結成したところ、Jの渦潮マス経由で遠回りさせられてしまったのです。
これではボス戦は苦労するだろうと思い、水上部隊に切り替え。

水上部隊の場合、制空権が厳しいにもかかわらず、正規空母を1人か軽空母2人しか連れていけません。
しかも、ルート固定の関係で使える艦は高速統一かつ第一艦隊の戦艦&空母の合計を3人までに抑える必要があるのです。
編成の都合で正規空母1人しか連れていけない以上、ザラ、利根、ポーラの3人に水戦を持たせて制空補助をさせたのでした。

最終形態時のボス編成はこんな感じ。
ときまきも硬いのに、よりによって、例によって例のごとく尻ダイソンがお邪魔しています。

それでも最後は足柄でシメ。
本戦自体は道中潜水艦事故が数回あったものの、比較的ラクに進めることができたのでした。

ご褒美はネジ、新型航空兵装資材、スピットファイヤーMk.III、勲章、試製甲板カタパルトでした。
スピットファイヤーMk.IIIは陸攻ではなく艦戦だったりします。
基地航空隊でも使えるから余計ややこしい。

【兵装&メンバー】
:前哨戦:

:最終形態:(支援は前哨戦および最終形態共通)

  

そんなこんなで長丁場だったE6もおしまい。
いよいよ最深部に突入ですよ。

って、ちょっとまて。
肝心の新艦は手に入りましたかって?

攻略中には手に入らなかったものの、削りの段階で見事に酔っ払いに絡まれました。
改造すれば、貴重なイタリア水戦がネジ改修なしに入手できるのは大きいですよね。

;

完走後にE6を周回した結果、何とかルイージちゃんをハイエースすることができました。

;

彼女は一生の間に所属を転々とした潜水艦なのです。
イタリア→ドイツ→日本と転々しているのです。
潜水艦ながら、機銃(QFポンポン砲、ボフォース、25mm三連装機銃集中配備はだめ)を1個乗せれば対空カッインができるのです。
その代わり、甲標的は使えません。
改造すればドラム缶もつめるようにはなるものの、また、2段階目及び3段階目に至っては雷装が低下して夜戦ができなくなるのも痛手です。
ちなみに、5-4で高速化+ドラム缶要員で連行しても、羅針盤で反映されるのは水上艦に乗せたドラム缶のみです。
彼女に乗せたドラム缶分はカウントされないのです。

ウィークリーやデイリーや戦果稼ぎで使う場合は、白スク化するレベル55まで、未改造で育てた方が無難です。
それでも雷装値があまり高くないことを考えると、潜水艦のなかではバフ寄りの役割に向いてるのでしょう。


にほんブログ村 ゲームブログ 艦隊これくしょんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ゲームブログへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です