2018 迎春!「空母機動部隊」全力出撃!

新春そうそう「誰がここまでやれといった」。

必ず空母を旗艦に配置したうえで、駆逐艦二人を連行して5-5ボスマスへカチコミしなければいけません。
しかも4回A勝利以上を取らなければいけないという代物です。

・・・って、EOの延長上でやれってってことですよね?

ボス編成の関係で、必然的に駆逐艦の片割れは対潜担当になります。
もう一人の方は、防空艦もしくは対潜担当のどちらかになります。
ただ、任務の関係上、道中の敵の猛攻が避けられないにも関わらず、対潜艦を旗艦配置にするのは不可能。
保険も兼ねて、駆逐二人を対潜艦にしたのでした。
(実際、駆逐のどちらかがボス戦で中破・大破になっていることが多かったので・・・)

対潜艦を使うことから、例によって例のごとく空母の射程にも気を配っておく必要があります。
初めから中射程になっているサラトガ、五航戦を採用しました。
前者は夜戦両立戦爆連合装備を、後者は噴式を持たせました。

夜戦にもつれることも考慮して、高速かつ火力の高いアイオワを自由枠に入れました。

流石に駆逐二人をすっかかえての5‐5はきついということで、道中・決戦ともに支援を入れたのでした。(※)
そもそも、普通にエリレにボコられて当たり前の海域ですしね。

初手大破撤退1回、E風1回、A勝利1回、S勝利3回という形で任務を無事に終了しました。

最後のお年玉は・・・・三択自体は微妙。
新型航空兵装資材をもらってきました。
(搭乗員は余ってるし、紫電改二もたんまりあるんですよ・・・消去法でコレ)

んでもって、大鷹と海防ガールズによる書初め家具をもらったのでした。
この家具を配置したうえで、駆逐艦や海防艦を秘書艦にすると、書初めの「危険」のせいで憲兵案件度が上がりそうですね・・・。

なお、ラスダンは駆逐二人を空母に差し替えてあっさりシメたのでした。
(もちろん、支援なし)

(※)2017年秋イベントから支援の仕様が変わっているので注意。
今まで使っていた駆2空2戦2・駆2空2・駆2空2重2で砲撃支援が使えなくなったのは痛い。


にほんブログ村 ゲームブログ 艦隊これくしょんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ゲームブログへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です