月別アーカイブ: 2013年9月

名松線の旅とイベント-03

25-09-22-06名松線を縫うように歩いていくと、草で埋もれた線路、鳴らない警報機、撤去されてしまった遮断機・・・などなど。
いやおうなしに、2009年の10月の台風被害の爪痕を目の当たりしなければならないのです。

それは帰りのバスでもしかりでした。
列車が通らない鉄橋、荒れ果てた駅のホーム・・・

4年以上経っているのに、未だに伊勢奥津まで列車が来ないという現実がそこにあったのです。

復旧工事が今年になって始まっているものの、全線が開通するのは先の話。

続きを読む

まだまだ暑い

朝夕の気温が20度前後まで下がって、さすがに肌寒いあたり「秋」だなと実感。

が・・・それも昼間になれば一転。
暑いったらありゃしない。

25-09-21-01 25-09-21-02

そんな中で長袖長ズボン着用で大根の種まきとキャベツの苗植えの続きをやっていました。
本当に、お茶とスポーツ飲料がなかったらやってられない・・・。

全くもってそう思います。

25-09-21-0321日をもって、今年の梨の直売シーズンは終了。
朝夕が涼しくなってくると、梨の季節が終わるんだ・・・と思うと寂しくなったりします。

明日は、伊勢奥津のイベント・・と思ったら、名刺が切れていて大慌てで作る羽目に。
名松線ともども楽しんでいこうと思います。

拍手ありがとうございます★

台風には大往生

25-09-16-01各地で被害を及ぼした台風。
我が家は被害を最小限だったこともあり、一安心です。

とはいえ・・・
近所の自衛隊グラウンドの一部が水につかっているなんて!!
( ̄□ ̄;)Σ

((((;゚Д゚)))ガクガクガクブルブルブル

25-09-16-02梨の方はというと・・・
最後まで残っていたかおり梨は、接近前にすべて収穫しておいて無事でした。
大きい梨なので、落下したときの精神ダメージは甚大ですから。

ちなみに、この梨が出る頃には「今年の直売シーズン終了のお知らせ」であることはいうまでもない。

25-09-16-04 25-09-16-03

直売シーズン終了とともに、大根の種まき&キャベツの苗植え(1期)がスタート。
12日には大根、14日にはキャベツを植えてきました。
どちらも家の近くの畑ということで、台風によるダメージはなしということで一安心です。
なお、キャベツは田んぼにも植えていますが、そちらは4月前後に取れる品種を植えています。
というのも・・・田んぼがある地域は台風や豪雨で、冠水や川の氾濫にあうことが多いのです。
さすがに、この時期ではキャベツの苗植えはできませんね。

両日ともに、台風の影響で蒸し暑く、ちょっと作業するだけでも汗だくになってしまったのでした。
ここ数日、過ごしやすい日が続いていたのに、急に蒸し暑くなると寝台の方がびっくりしますよね。

といったとこで、来週の日曜日は伊勢奥津のイベント。
無事に晴れてくれるといいんですがね・・・。
(名松線は豪雨や台風になると、運休になってしまいますから)

拍手ありがとうございます~★

久々に晴れました(〃^▽^〃)

25-09-05-02昨日の大雨はどこへやら。
久々に青空を見たような気がする。

当の私は・・・というと、そんなのと無縁だったのだorz

大量の新高梨と豊水梨の箱詰め作業に追われていたからだ。

25-09-05-04特に前者は計器なかせで、いちいちはかりで計測しなければならないのがねえ・・・。

難背、MAXキロ超えの巨梨が進撃しておりますので。
そりゃ、片手でひょいっとは無理なわけだね。

結局、夕方までにすべて箱詰めすることが出来ず、断念せざるを得なかったのだ。

25-09-05-03おまけに巨梨なのがたたって、同じ秀の10キロ詰めなのに、箱の顔ぶれがてんでばらばらなのが泣けてくる。
「規格外」だから、仕方ないよね。

25-09-05-05そうしているうちに、青ぎりみかん・りんご・ぶどうなどの秋の味覚たちが進撃を開始しているんだよな・・・これが。

25-09-05-06帰りにかつやへ寄って、夕食。
かつ定食を食してきた。
あげたてさくさくのカツが香ばしくてあっさり完食。
豚汁に浸してふやかして食べるとおいしいことに気づいた。

拍手ありがとうございます~★

豪雨に参りました

25-09-04-01午前中は小雨が降ったりやんだりと穏やかだったものの・・・・
午後から急変。
稲光や雷とともにバケツをひっくり返したような大雨に往生しておりました。

25-09-04-02雨漏り対策をしてみたものの、焼け石に水・・・orz
箱が濡れる・・・

25-09-04-03こんな天候なので、びしょぬれで収穫した豊水は乾かない・・・
お手上げです。

自宅に帰宅したものの、家の周りの一部が水についていてビックリ。

当然のことながら、梨の出荷は中止になったのはいうまでもありません。
道中長いだけに、冠水で足止めされる可能性が甚大ですから。

拍手ありがとうございます~★