艦これアーケード体験しました(追記あり)

image

結論から言うと、稼働スタートだからといって、即刻レッツプレイするのはおすすめできません。

GWなど休日の関係で混雑云々なのを差し引いても、プレイそのものよりも待ち時間が非常に長いからです。

仕事も一段落したとこで、買い物も兼ねて艦これアーケードが置いてある高茶屋にあるラウンドワンへ行ってきました。
(つうか、近所でこれが置いてあるのはここしかないのです)
ゲーセンから足を洗って十数年経過してることもあって、本当に浦島太郎状態。

といったとこで、艦これアーケードをやろうとしたら、平日であるにもかかわらず、並んどりました。
到着してやることはただ一つ。

「順番取りをする」

これだけはいの一番にやってください。(*)

実は大半のゲームセンターの場合、一部を除いて基本的に200円か300円分のGP分遊んだら、交代するシステムをとっていることが多いためです。

image

待ち時間の間にAimeカードを持っていない場合、予め購入しておきます。(一枚300円です)
もちろん、お金もこの間に崩しておきます。

待ち時間が長いので、暇つぶしグッズを持参しておくのもおすすめです。
事実、順番を取りながら、予想以上に待ち時間が長いこともあってか、諦める方もいたようです。

で、若干一時間ほど待ってプレイしたものの、ブラウザ版とは勝手が違いすぎて戸惑いました。
とにかく舵を操作するのがやっとで、どうやって攻撃するのかまるで分からなかったというのが第一印象でした。

何よりも、艦娘をお迎えする際に、いちいちお金を払うシステムになっていて、一回(2クレジット分)プレイするだけでも、飛ぶようにお金がなくなってしまいます。

1-1だけはとりあえずクリアしたものの、仲間をお迎えして1-1をプレイした時には敗北Eと散々。
よくよく見たら、出撃の際に燃料弾薬の補給を忘れていたというポカをやらかしていたのでした・・・。

ただし、敗北Eでもドロップするので、序盤であれば、積極的にお迎えした方がいいのですがね。

でも一番の問題点は、そうそうにプレイのためにゲーセンへ通えないということかも・・・。
上記のように出費がかさむのも加え、ライフスタイルの関係でお出かけが難しいのがネックな為です。

うーむ、これはこれで楽しいけど、ゆっくりやるには現状では厳しそうですな。

(*)2016年04月29日追記
順番取りがファミレスのように記述式になっている場合に限ります。
直接並ぶ場合は、先にAimeカードを購入したり、お金を崩した方がいいでしょう。l
ゲームセンターによっては、順番に気兼ねすることのない無制限台を設置している場合があります。
場所によってはローカルルールが設けられている場合があるので、現地の注意書きを熟読した方がいいかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です