精鋭「第八駆逐隊」突入せよ!

結論からいうと、毎月恒例のEOの削りの時に任務を受けることをおすすめしたいです。

というのも・・・そもそも駆逐艦2人を連行している時点で火力が下がっているためです。
ボスマスの編成では、ゲージ破壊の有無に関係なく潜水艦がお邪魔している関係で、駆逐艦の攻撃が吸われてしまい、あまり戦力にならないのです。
ことさらボスマスの削りではエリヨなのが最終形態ではフラヨになってしまうのも拍車をかけているのです。

必然的に、先制対潜爆雷ができる艦が欲しいところです。
クリアの条件の関係上、必然的に第八駆逐隊(大潮、満潮、朝潮)から僚艦として朝潮改二丁を連行することになります。
彼女であればヨメ化せずとも、それなりの練度があればソナー×2/爆雷のシナジーで十分可能だからです。
(レベル97の若さにして四式ソナー一個で先制対潜爆雷が可能・・・といえばもうお分かりですよね)
もちろん、このメンツの中でかなり熟練したヨメがいれば話は別ですが。

道中でエリレがおもてなししてくれる海域ですので、予め連行する艦をしっかりレベリングした上で任務に挑んだ方が無難です。
なくても構いませんが、補助スロット設置+ダメコン及びキラキラ三重掛けもあるといいかも知れません。
(エリレにボコられないとは言っていない)

編成の都合上、原則高速統一ルートになります。
支援は道中&決戦ともに絶対に出した方が突破率が上がります。
ただし、E風があるので泣かないこと!
ちなみに、せっかく第八駆逐隊絡みの任務なんだし、ということで満潮ちゃんと大潮ちゃんの2人は支援に回ってもらったのでした。

1回目:なんとかゲージは削れたものの、いわゆる妖怪2残しが発生して惜しくもA勝利。
しかも、翔鶴さんに持たせてあった橘花が全滅させられてえらい目に遭いました・・・(T_T)

2回目:橘花の熟練度を回復させた後、2回めにチャレンジするも盛大にE風。

3回目:S勝利。
瑞鶴の大破進軍(もちろんダメコン持参)があったものの、発動せず無事に任務終了しました。

 

ご褒美は、資材、ネジ、補強増設でした。

5-5という場所柄、慣れている人にとってはそれなりなのですが、5-5ビギナーにとっては非常に難しいかなというのが感想でした。
道中こそ厳しいですが、海上突入部隊、進発せよ!の羅針盤のことを思えば、E風はそれほど確率としては気にならないものです。
エリレの理不尽さの方がこわいとは言え、それなりに対処することも可能なのも大きかったのでした。

←兵装及びメンバーはこんな感じ

荒潮改二:対潜先制爆雷に期待が持てない反面、対空はそれなりということで対空カットイン担当。
アイオワ:昼間火力が高く、耐久力が高いことから、採用。
五航戦改二甲:ジェット機で手数を増やした上で、攻撃順を繰り上げ。
大鳳:整備員を使って火力をあげつつ、攻撃順を繰り上げ。
   (駆逐艦2人が大鳳よりも先に動くのはあまり望ましくないため)
朝潮改二丁:先制爆雷担当、以上。



にほんブログ村 ゲームブログ 艦隊これくしょんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ゲームブログへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です