水戦を使ってみよう

2016-04-06-03毎度恒例の5−1マンスリーを片付けて参りました。

例によって例のごとく、兵装も相変わらず・・・と言いたいのですが、せっかく水戦を持っているのですから、それを使わない手はありません。

2016-04-06-02ルート固定の関係で空母が使えず、しかもボスマスへ確実に運ぶためには重巡(航巡も可)2人連れて行く必要があるのです。
幸い、三川艦隊5-1任務や暁5−1任務と違い、航空優勢〜航空互角にすることが可能です。
道中でのフラタのタコ殴りを避けるためにもなおさらのこと。
しかし・・・普通に瑞雲系を積み込むだけでは問題があるのです。

最大の欠点は、イタリア戦艦やザラちゃんはともかく、敵潜水艦にダイソンされてしまうことです。
しかも、イタリア戦艦は高速戦艦、ザラちゃんは夜戦が苦手という問題を抱えています。

ここで登場するのが、水戦です。
制空権担当の伊勢型の補佐も兼ねて航巡に一つずつこれを載せました。
伊勢型に瑞雲12✕2、瑞雲六三四空✕2と合わせれば、ボスマス前で航空優勢〜互角にすることができるのです。
(もちろん、熟練度MAXで)

昼連撃できるように主砲✕2/偵察機/水戦で。
(水戦では昼連撃不可なのと、瑞雲系や晴嵐だと潜水艦にダイソンされるため)

2016-04-06-05なお、4月のメンテの際に航空戦のグラフィックも修正されてるわけで・・・
水戦と水上爆撃機でも違うのがよく分かりますね。

2016-04-06-04今回は、反抗戦がたたって夜戦までもつれながらも、何とか一発で終了。
ネジ4本をもらってきたのでした。
二式水戦を作った時にネジが15本(確実化したらからね)ぶっ飛んで血の気引きましたよ・・・・

2016-04-06-01兵装はこんな感じ。

・長門型に大和砲&試製51、とねちくにザラ砲をそれぞれ入れて射程を調整。
 対潜担当の大淀や制空権担当の伊勢が先に動くのは、あまり得策ではないためです。

・とねちくの各第四スロットに水戦&夜偵察機。
 敵潜水艦によるダイソン被害による火力低下の懸念および、夜戦にもつれ込む可能性が大きいためです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です