先制爆雷実装後の5-1

2016-07-04-015-1マンスリーを片付けて来ました。
いつもは大淀のお世話になってますが、今回は天龍に代わってもらいました。

え、三スロだし、素の対潜の伸びがあまり良くないのに・・・って思われるかもしれませんね。

2016-07-04-05大淀さんの素の対潜値が低すぎるんですよ。
レベル99の段階でわずか39しかありません。
したがって、練度を上げても素の対潜値がなかなか伸びません。
対潜火力そのものは四スロ相応に強力な分、手数で不利になってしまうためです。

そういう天龍さんも旧式相応に大概なのですが、大淀ほどひどくはありません。
最低レベル99あれば、四式ソナー×2/三式爆雷で先制爆雷が撃てるのです。
(シナジーを考えるとね・・・)
スロの関係で対潜火力こそ負けますが、その分手数で押すことが可能なのです。
さらに言えば、ケッコンカンスト前後になれば、ソナー一個あれば先制爆撃をすることが出来ます。
昼連撃や夜偵の発艦が出来ない彼女だけに、これができるとかなり大きいのです。

鬼畜任務の三川艦隊5-1を攻略する際、先制爆雷のことを考慮するのであれば威力の夕張か、手数の天龍(ケッコン&四式ソナー推奨)の選択肢もあるのでしょう。
すでにクリア済みとはいえ、もちろん先制爆雷はないばかりに対潜枠に悩んだものです。
天龍の方が夕張よりも練度が高すぎてね・・・。

2016-07-04-025-1の場合、初手とボスマスで水上艦と一緒に潜水艦が一匹だけお邪魔する編成を引くことがあります。
しかも、任務の関係でボスマスでS勝利とかなり厳しいです。

2016-07-04-03そういった場面でも、先制爆雷で潜水艦を黙らせておけば、被害を抑える事ができるのです。
これであれば、航戦や航巡に水上爆撃機を持ち込んでも潜水艦にダイソンされずに済みます。

久々に羅針盤負けや大破撤退もあって、手こずりましたが3回めで何とかクリアしたのでした。

兵装とメンツはこんな感じ。
2016-07-04-04扶桑→大和砲
陸奥→51主
とねちく→ザラ砲
でそれぞれ射程を調整しました。
これは戦力にならない天龍&日向が先に動くのは得策ではないためです。

扶桑改二に晴嵐を採用しました。
第四スロットが大きく、航空戦での補佐に向いているためです。
また先制爆雷のおかげで、潜水艦に煩わされることが少ないのも大きいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です