グラーフ=ツェペリン降臨 (突入!海上輸送作戦 フィナーレ)

2015-12-06-01最後の難関だったE4引き回し134周目にしてグラーフ=ツェッペリンさんを昼下がりにお迎えすることができました。
これで本当に秋イベントはフィナーレです。
本来は7日午前11時のメンテを持ってイベント終了だったのですが、イベント中にトラック大空襲(サーバーの方ね)が発生。
8日午前11時からのメンテ入りで終了なのです。

2015-12-06-04今までの釣り以上に大変な作業でした。
何分未曾有の長丁場だけに、先の見えない周回に資源バケツはマッハ、モチベーションもゴリゴリと削られて行きました。
お世話になっているコミュでも、同様に長丁場を強いられた仲間から先に入手していったことも、プレッシャーになっていたのでした。
おかげで遠征これくしょんや単艦オリョクルをやる事態に・・・。

そういった事情もあって、祈願絵を描いてみたり、堀時間を変更したりしていろいろやるはめに。
まあ、オカルトとかおまじないという名の気分転換というべきでしょう・・・・。

事実・・・姫相手にカチコミすればするほど、ごろごろ湧いてくるのが潜水艦でした。
ボスが潜水棲姫だからといえば仕方ないのかも・・・。
(トラックイベントの阿賀野さんと同じ理屈なのかも知れない。この時は流石に金レアのツラをしたコモンだと思ったほど)
それ以外では戦艦重巡にまれに軽巡や軽空母が混ざることも多く、一番しんどかったのが、微妙にレアい艦がわいたことだったりするのでした。
衣笠・秋雲・時津風・清霜・早霜・長門型・二航戦・五航戦と言ったとこでしょう。
結局、改造時に優秀な装備を持ってきてくれる清霜ちゃんと二航戦コンビは牧場確定になってしまったのでした。
まあ、そうなるな・・・

2015-11-21-01ちなみに、人によっては、グラーフさんを狙ってゆーちゃんやローマ様(ハロウィン仕様グラは貴重)などが来たなんていうケースもままあったとか。
(いずれも本人以上にドロップは激しくまれではあるが・・・)
なお、春のローマ様と同じく1人一体のみ限定なので、一部の提督の中には解体堀りをした方もいたそうです。
つうか、この引き回し結果を考えれば、勿体無くて解体or素材にしたら、確実に罰が当たりそうで怖いです。
(改造すれば優秀なオンリーワン艦載機を持ってきてくれるため。改造レベルは50)

ちなみに・・・・プリンツオイゲン(未所持限定)やあきつ丸、リベッチオ(ハロウィン仕様グラは貴重)の場合はMマスへ行かなければなりませんでした。
もっとも、乙だったこともあって、ギミック解除のためにそこへ行く用はありませんでしたが。
牧場用にあきつ丸釣りもしたかったけど、グラ釣りで消耗したので、断念することになったのでした。

2015-12-08-09さて、肝心の本人はドイツ正規空母なので、さぞかしハイスペックと思いきや・・・
残念ながら搭載数は乏しく(鳳翔改より1機多いだけ)&わずか3スロしかありません。
胸部装甲に定評のある(笑)飛鷹型や軽空母のちとちよの方が艦載数からして「正規空母」に見えるレベルなのです。
しかも、スロットごとの配分の偏りが大きいのです。
どちらかといえば、龍驤ちゃんや速吸さん同様に航空戦を捨てて、砲撃戦で敵の頭を殴るのに向いているのかも知れません。
勿論、正規空母ですから、潜水艦に攻撃がダイソンされません。

2015-12-06-07この空母はなんとヤセン=ジツの心得があるのです(活躍するとは言っていない)。
なので、5-3へ出かけて素敵なパーティしたいとこですが、残念ながら、ボスへは行けないのでした。
夜戦では砲撃戦で応戦しますが、肝心の使える砲は副砲のみ。
勿論、連撃ならともかく夜戦CIは存在しません。
しかも、夜戦での戦闘能力はあまりありません。
もっとも、史実では「未成艦」だったこともあって運は4と非常に低いのですがね。
つまりは・・・活躍どころか、「空母」として生まれなかったことを反映したのでしょう。
(酒匂ちゃんや葛城さん、天城さんのように艦として生まれただけでも幸せな艦もいたりする・・・)

探索隊の最終編成はこんな感じ。

2015-12-06-02【第一艦隊】
 空母のうち、飛龍の第四スロットに整備員を入れて攻撃順を調整しました。
 これは、射程中が4人いるうち、対潜要員である練巡2人が先に動くのは得策ではないためです。
 火力が高い彼女が先手を打つことで、彼女たちへの被害を抑えられるのです。
 練巡を使わないのであれば、短射程軽巡である五十鈴改二や阿武隈改二なども手ですね。
 鹿島のレベリング兼用だったので、最初20前後だったのが、気が付くとレベル70になっておりました。
 134周もしていたら、嫌でも育ちますねw
 ちなみに五航戦は二人共最初は改二甲だったのですが、途中からノーマル改二に戻しました。
 思ったよりも装甲空母の使い勝手が良くなかったのですよ。
 ジェット機が来たらテノヒラクルーの可能性もありますが。
 (現状ではランカー限定の試製景雲が装甲空母限定偵察機だったりするのだ)

2015-12-06-03【第二艦隊】
 第二艦隊から攻撃することに加え、ボスマスでダイソンが混ざる編成が想定されることから、ハイパーズとビスマルクを採用。
 夜戦にもつれ込む可能性があることから、ビスマルクに夜偵を持たせました。
 軽巡駆逐は対潜装備、以上。
 軽巡は4スロの夕張を採用・・・なのだが、元々脆い艦なのか、被害担当艦になっていることも多かったですが。

2015-12-06-08攻略時とうって変わって機動部隊で行きました。
(勿論、支援なし)
攻略時に使用した水上部隊であれば、潜水マスを2回通ることで弾薬の減りを抑えることが出来ます。
そのため、ボス戦では安定してSを取りに行くことが出来ます。
しかし、水上部隊による制約もあって、制空権への不安に加え、潜水マスを2回通過することによる第二艦隊の被害が大きいのです。
事実、グラーフ堀に苦労された先人提督も、その辺をニコ生で指摘していたようです。
機動部隊であれば正規空母を使った航空戦で敵の頭数を減らしておけば、第二艦隊の被害を下げることができるのです。
(ダイソンやフラヲ改相手に3桁のクリティカルヒットを叩き出すことがあるからね)
乙編成だったので、ギミック外しはせずに、直接姫へカチコミしたのでした。

ルート固定とレベリングも兼ねて、練巡2人を連行しました。
周回時に一旦秋津洲ちゃんを連行する編成もやってみましたが、個人的にはあまり安定しませんでした。
雷巡を3人入れると、開幕雷撃で頭数を減らしやすいものの、ボス戦では火力が中途半端になってしまうのが要因だったように感じます。

安全のために、鹿島さんに施設をもたせ、空母は補助スロットにダメコンを持たせました。
空母の場合、制空権の関係で施設による退避が困難なためです。
施設を使う関係で、疲労が予想されるため、
駆逐艦は時雨、暁、潮、巻雲、秋月も使いました。

対空CI?
こういうときに限って、そんなの入れる余裕なんてありませんでした。

2 thoughts on “グラーフ=ツェペリン降臨 (突入!海上輸送作戦 フィナーレ)

  1. 甲斐孫六

    何はともあれ、おめでとうです。
    苦労が報われて何よりでした。

    しかし(今のところ)戦力としてあまり役に立たないのが何とも・・・w
    レアな駆逐艦達にも同じことが言えますが。

    返信
    1. taehiro-170 投稿作成者

      ありがとうございます。
      今回周回数3桁という事態に陥ってしまい、正直ダメかもとおもいましたが、
      無事にお迎えすることが出来て何よりです。

      とはいえ、軽空母レベルの搭載数といい、激しい偏りのことを考えると、
      明らかに上級者向け空母ですからね・・・。
      どちらかといえば、軽空母や速吸さんに近い運用のされ方になりそうですね。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です